本文へスキップ

岩手県盛岡市の松園第二病院です。

部門紹介

 理学療法室 Rehabilitation

構成人員

 理学療法士  (3名)  作業療法士  (1名)  言語聴覚士  (1名)  事務員 (1名)

リハビリテーション業務

  当院のリハビリテーション科では、様々な疾患によって身体に障害を受けた方に対し、リハビリテーション
 治療を実施しております。治療訓練を通じて個々の患者様の状態にあわせて、日常生活の自立、職場復帰、
 またスポーツ復帰などの支援をさせていただきます。



主なリハビリテーション対象疾患

 脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)
  理学療法士による基本動作、日常生活動作に関する訓練および指導。
  また、必要に応じて住宅改修のアドバイスも行います。

  言語聴覚士による摂食嚥下障害、言語障害(失語、構音障害)に対する治療および指導。

  運動器疾患
   四肢の骨折などの外傷の術後、人工関節術後、前十字靱帯損傷術後、その他骨関節の慢性疼痛疾患
   など。

  廃用症候群
    外科的手術後や、肺炎後等長期間の安静状態により、身体能力の低下をもたらす症状。


リハビリテーションを受けるためには

 入院、外来ともに受け入れております。まず、医師の診察を受けて下さい。

 リハビリテーションが必要とみなされた場合に行われます。



リハビリテーションの実際

関節可動域訓練・筋力訓練 

 運動麻痺が生じた手足などに対して、関節が硬くなることを予防する目的で行います。関節の痛みや運動能力の低下は、筋力の低下に起因する場合も多く見られます。これらを予防、改善するためには筋力を強くすることが大切です。





基本動作訓練 
            
 寝返りをする、起き上がって座る、立ち上がる、歩行するなどの基本的な動作訓練を通じて、日常生活での身の回り動作(食事、更衣、整容、排泄に関する動作)の自立を促します。必要に応じて、住宅改修や職業復帰に関わる指導も行います。





平行棒歩行訓練








                                     松葉杖歩行訓練




物理療法




 主に運動器疾患で、手足や腰などの痛みを和らげる目的でマイクロ波治療器。低周波治療器レーザー治療器等の電気治療を行います。







言語聴覚療法について

「失語症状や構音障害によるコミュニケーションにお困りの方」「嚥下障害により口から上手く食べることが大変な方」を対象に専門的リハビリテーションを実施しています。また、家族指導や日常生活に関するアドバイスも行っています。

≪失 語≫
 大脳の言語野が損傷を受けると、「聞く・話す・読む・書く」といった機能に支障が出て、言葉の処理や操作がうまくできなくなる、言葉の障害です。




   

主に構音障害や失語症をもつ患者さんに対して、個別症状に合わせた訓練を実施しコミュニケーションの改善を図ります。
   


≪構音障害≫
 発音がうまく出来ない、呂律が回らない、タイミングがずれるといった症状がでます。これを構音障害と言いますが、失語症とは違って、話し言葉だけの障害です。



≪摂食・嚥下訓練≫
 食べることや飲み込みが難しい方に対して専門的リハビリを行います。食べて飲み込む一連の流れのどこかに(あるいは複数)障害があると、むせたり、飲み込みづらくなったり、誤嚥を起こしたりします。リハビリは食事観察から始まり医師を中心に栄養士や看護師などと協力しながら、評価・検査・機能訓練を行うことで、嚥下能力の改善・向上に努めます。