本文へスキップ

岩手県盛岡市の松園第一病院です。

電話でのご予約・お問い合わせは
松園第一病院 TEL.019-662-6111
松園第二病院 TEL 019-662-0100

 月々のことば

理事長 河嶋 寛


令和2年07月01日(水) 辞令交付


 
みなさん、おはようございます。
非常事態宣言が解除され、少しづつ日常生活が戻りつつありますが、
まだすっかり安心できる状態ではありません。信じられないことに、
岩手県ではいまだに感染者ゼロが続いています。しかし、一人の陽性者が
出ることは、その施設や濃厚接触者の追及が行われることになります。
とりわけ、中小病院、施設にあっては閉鎖を含めて致命的打撃を
受けることになります。規制が緩やかになったといって、決して
油断はできません。その意味から、今月も月例会は中止としました。
みなさんは、今までと同じように細心の注意を払いながら
勤務してくれるようにお願いします。
早く、気持ちよく集まれる日を待ちましょう。
今月もよろしくお願いします。

 

 

令和2年06月01日(月)

みなさんおはようございます。

新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言は解除されましたが、
まだ第二波の可能性があり、油断はできません。今月も月例会は中止と
なりました。岩手県は感染者ゼロを続けていますが、
先日、盛岡地域のコロナ感染対策について説明会がありました。
他県の経験から学びながら万全の態勢で臨んでいることがよく分かり
ました。家族の面会なども徐々に緩和されるようになりますが、
感染者を一人も出さないという気持ちで、私生活においても職場に
おいても今以上の感染予防に集中してください。
一日も早く、日常生活が戻ることを願っています。
今月もよろしくお願いします。




令和2年05月01日(金) 辞令交付













令和2年04月01日(水)

 

おはようございます。本来であれば、新しい年度となり希望に満ちた人生の
門出となるはずですが、新型コロナウイルスの勢いは、全世界を巻き込んでいます。
ひょっとすると自分は保菌者かも知れない、いつどこで感染するか分からないという
不安と、大不況になるかもしれないというストレスが充満しています。
これを乗り切るには、一人ひとりが慎重に行動することにつきます。
一人も陽性者を出さないようこれからも気を引き締めていきましょう。
 
先日、法人の社員総会と理事会が開かれました。
両院が一緒になるために広い土地を求めて、新しい病院、施設を作るという構想は
現実的でないという結論となりました。これからは、第一病院は現在地に介護医療院を
建設し、第二病院も現在地で地域に貢献できる一般病院として具体的に検討していく
ことになりました。したがって、第一病院では、介護医療院建設に向けて委員会を
設置します。タイムリミットがありますので、効率よくみなさんとスピード感を
持って進めて行きますのでご協力ください。
  
なお、331日をもって。緑川さんが事務長、理事を退任しました。
今後は医療介護院建設のために参与として力を注いで頂きます。それに伴って、
本日から君島勝幸さんが着任します。よろしくお願いします。
今月も健康には十分気を付けて仕事をしましょう。

  

令和2年03月02日(月)

 

みなさん、おはようございます。
新型コロナウイルスは世界中に蔓延し、健康被害と共に経済的影響は
これから大きな問題として出現します。私たちも職場や家庭において今まで以上に
緊張感をもって臨んでください。

今日は、パワハラについてちょっとだけお話します。

パワハラは急速に増加しています。背景には世情の不安がありますが、
そのため、国はパワハラに対する対策を義務付ける方針です。
私たちの職場にもパワハラはあってはならないことです。就業規則にパワハラを禁じることを
追加しましたので、近日中に掲示します。
最も嫌悪すべきパワハラは自分の優位な立場を利用して相手の能力を否定するような暴言を
吐いたり威圧的な態度を取り、その人の人格を否定するタイプで、その結果、周りの人にも
無言の威圧を与えることで、不愉快な職場に落としこむこととなります。
これは許せません。一方、”パワハラはしている本人が気づかない”というように
自分は正しいと思い込んで熱心に指導するタイプです。このような場合は、周りが注意する
ことで良くなる可能性があります。パワハラを我慢しているとますますエスカレートします。
パワハラ被害を救済するシステムも必要です。
パワハラを根絶し、”ヒトに優しい病院・施設”を目指すために、これからみなさんの
協力をよろしくお願いします。

 

  

  

令和2年02月01日(土)

 
みなさん おはようございます。
新型コロナウイルスの流行は、日本でも第三者感染の可能性も出てきて、
人の交流や物資の交流が制限され、経済に大きな影響を来たすことは
間違いありません。岩手県内にもいつ発症者が出るかもしれません。
ついこの前ですが、外来でインフルエンザB型が初めて出ました。
今まで以上に感染症対策には注意を払ってください。第二病院では今日から正式に
「地域医療連携室」の活動が始まります。忙しい中でも前を見つめて、
やらなければならないことはみんなで協力してやるという姿勢は素晴らしいと思います。第二病院でも仲間が頑張っています。
第一病院では今月から新しい仲間が増えます。私たちも常に前向きに仕事をして
行くことを期待しています。今月もよろしくお願いします。
 

 

令和2年01月04日(土)

 
みなさん、明けましておめでとうございます。
年末年始の仕事をした人たちはごくろうさまでした。
昨年は法人として両院を一つにするという大きな方針を決定しました。
今年は実現に向けてひとつひとつ問題点をクリアしていきます。
先ず、どの場所にどのような病院を建てるかということですが、土地に関する候補地は
松園地区内で2か所あり、慎重に検討中です。また、地域に根差した病院としてどんな
病院が望まれるか、地域の方々の声にも耳を傾けることも大事です。
明日は松園地区の新年交賀会があるので、その時に法人の考えを少しお話ししようと
思っています。どのような病院、施設にするか、社会情勢、医療体制、地域の趨勢を
考慮しながら事業の継続性を求めてこれから組織を作り、みんなで相談していきます。
一方、昭和55年からお世話になっている第一病院の土地はどうするか、地主さんとも
納得のいく話し合いが必要です。
また、第二病院は私たちのものですからどのように再利用するかを含めて、
複合ケアセンター、新病院との連携を考えていきます。
今年から大きな目標に向かってみなさんと共に頑張っていきますので
よろしくお願いします。
 

 



 


松園第一病院ビルダークリニック

〒020-0108
岩手県盛岡市東黒石野3-2-1
TEL 019-662-6111
FAX 019-661-2090

松園第二病院ビルダークリニック

〒020-0103
岩手県盛岡市西松園3-22-3
TEL 019-662-0100
FAX 019-662-0124

複合ケアセンターまつぞのビルダークリニック

〒020-0103
岩手県盛岡市西松園3-21-10
TEL 019-601-7402
FAX 019-601-7403